ヒアロディープパッチの効果は?実際に使ってみました。

目の下のシワ・クマ、たるみ・・・
これ、本当に嫌になりますよね?
 
鏡を見ると、目の下の部分で「はぁ~。。。。」とため息・・・
本当にどうにかならないか?
アイクリームを使っていても、なかなか即効性を感じません。

 

ですが、即効性を感じるものが「ヒアロディープパッチ」でした^^

 

 

ヒアロディープパッチ、実際に使ってみました。

 

ヒアロディープパッチの効果は?実際に使ってみました。
 

 

大きな袋に、小さい袋でパッケージされたシートが、
【世界初の新技術】「ヒアルロン酸の針」付シートです。
 

週1で、目元がいやいや目の下が、ふっくらするのなら、
こんなに楽チンで、ステキなことはない!!
 

そう思って購入したんですが・・・・
 
ハッキリ言いましょう!!

 

1回では、解りません!
ですが・・・・
翌朝、目の下がちょっとだけふっくらしているような感じです。

 

アイクリームを続ければ、それなりに効果は見えますけれども、
1回で・・・というわけにはいきません。

 

そういう意味では、週1で続けると、
なんだかいい感じに、ふっくらしそうな期待はすごーくしています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は、
大人の肌には、とても必要な美容成分。
 

それを、直接このニードル(ハリ)から注入できるなんて!

 

エステや美容外科では、普通の事だろうけれども、
なんだかなー・・・
時間もかかるし、費用も実際かかりますよね。

 

週1で、ヒアルロン酸を注入出来るって、
お得だし、いい感じでした。

 

 

「ヒアロディープパッチ」を使う時の注意点とは?

ヒアロディープパッチを貼る時の、注意点としては、
夜、洗顔後スキンケアをしっかりする人の場合は、
化粧水やクリームなどが、ちゃんと乾いてから貼ったほうがいいです。

 

何回も貼りなおすと、やはりよろしくないらしいです。

 

私が貼ってみて思ったことは、
「ここだっ!!」というところ(ピンポイント)をしっかり決めて、
そこをめがけて、貼ることをおすすめします。

 

けっこう、粘着力もあるのでシワを伸ばして貼らないと、
変なところに、違うシワがよったりします。

 

そこは、十分注意して貼ってくださいね^^
そうすると、寝相が悪くても剥がれることはありません。

 

シートを貼った後、2,3回トントンと押し当てるんですが、
その時に、ちょっとだけチクチクします。

 

私は特に気にならなかったんですが、
痛いと思う方もいるらしいです。

 

そこは、優しくプッシュしたほうが、いいと思いますよー^^

 

朝、シートを剥すときがちょっと痛かったかな・・・・
そりゃー、バンソコウのようなものなので、仕方なしというところでしょうか・・・

 

ニードルがついている部分が、特に剥がれずらく、
どうしたものか?と思ったんですが、洗顔すると自然に取れるので、
無理に剥さないほうがいいと思いますね^^

 

朝洗顔の後は、目元がしっとりしているのが、
ハッキリわかると思いますよ^^

 

目元の乾燥が気になる方は、特に効果を感じるのではないかしら?

 

 

目のたるみを解消するには、即効性は必要よ!!

目のたるみを解消するには、即効性or持続性?

 

涙袋ってありますよね?

 

なんかちょっとセクシーで、色っぽいですよね^^

 

ですが、涙袋の下にシワがあったり、
たるんだりするのが問題の部分なんですよね^^

 

私も同じで、例えばたるみ+クマが加わると、
疲れて見えるは、老けて見える!

 

目尻のシワより、ダイレクトに老け感が出るような気がしませんか?

 

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸そのものを使って
貼って寝るだけで、ヒアルロン酸が溶け出す、という感じなんですよね。

 

要するに、ヒアルロン酸を注射するような感じですかね。

 

ふっくらを持続的に感じるのは、残念ながらありませんが、
即効性は感じます。

 

普段は、アイクリームをつけつつ、
週1のスペシャルアイケアとして、使うのがベストだと感じました。

 

明日、ちょっと何かある!
特別な日の前日は、ヒアロディープパッチを使って、
ふっくらな目元が復活!!そういう体験を1度してみませんか?

↓   ↓   ↓


 

まずは、ストップ自由でお得な定期コースがおススメ!
あなたの目元で、ヒアルロン酸の潤いを感じてみて!

 

 

 

 

◆ランキングに参加しています。◆
本日の記事はお役に立ちましたか?

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村


あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

コメントを残す

このページの先頭へ