若く見える、老けて見えるその差って何?

年齢を重ねると、どうしても他人と比べてしまいますよね。

特に感じるのは、突然同級生とあった時などは、
なんかなー、どうかなー私・・・・なんてつい比べたりしていませんか?

 

 

 

 

若く見えるか、老けて見えるか?
って、とっても重要なことに思えますよね。

 

 

ある日突然老いが来るわけではないのですが、
電車に乗って窓から映る自分の姿にビックリすることがあります。

 

やばし!!

 

 

って思ったことがあるあなた!!

 

 

大丈夫です。私もいつもこれら、これから!!
って考えていますもの。

 

 

若く見えるのと老けて見えるその差ってなんでしょう?
ちょっと調べてみました。

 

 

 

老け見えの正体って実は清潔感だった!!

若い時って、肌もピンとなっていて、
凸凹もなく、透明感があってキラキラしていますよね。

あれって、実は清潔感だったみたいです。

 

例えば、花嫁さんなんかはキッチリメイクはしていますが、
純白のドレスとなんか幸せ感満載のお顔をしていますよね。

 

だからというわけではないですが、
まぶしいほどの清潔感を感じませんか?

 

 

年を重ねると、なんだかしぼんだり、ゆるんだりしてきますよね。

しかもだんだんと、清潔感が無くなっていく印象があるそうです。

 

 

この清潔感の差が、若く見えたり老けて見えたりするということ。

 

 

それは立ち姿でも、感じられますよね。

 

ピンと背筋が伸びていて、さっそうと歩いたりしていると、
若いなーって感じるし、かっこいいじゃーないですか?

 

 

それと同じで、人って実は細かいところまで見てるっていうのではなく、
ちょっと離れたところから見て、その人の年齢を判断しているわけね。

 

 

清潔感を作り出すのは、もちろんメイクやヘアースタイルでも、
しっかり出来るみたいです。

 

 

 

年相応のメイクでも、大人の清潔感を+すれば・・・・
ステキなベッピンさんに変身するということです。

 

 

若いころより、美人になるのが大人のメイクというもの!!

 

 

年齢によるキャリアっていうものを持っているのですから、
自分にもっと自信をもっていいはず!!

 

 

若い頃より、ベッピンさんを目指しましょう!!
 

 
 

 

◆ランキングに参加しています。◆
本日の記事はお役に立ちましたか?

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村


あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ