東京金融取引所 化粧下地で変わる?毛穴・凸凹肌もつるっと見せるコツとは? | 大人のキレイメイクlabo │ミネラルファンデレビュー&情報ブログ

化粧下地で変わる?毛穴・凸凹肌もつるっと見せるコツとは?

大人メイクのポイントは、なんて言っても素肌をキレイに見せるメイクですよね。

 

最近時短もできて、毛穴も凸凹肌もつるっと見せるように、
私ちょっと試してみたんですよ^^

 

これ、すごーく効果的です!!

 

 

face4大人のメイクの基本は、ファンデーションを薄く塗る。

 

これを可能にするのは、化粧下地の底力なんですよね。

 

素肌をキレイに底上げするには、スキンケアですが、
なかなかどうして、時間がかかりますよね。

 

 

私もどうにかこうにか、シミも薄ーくなってきたことだし・・・
後は、ちょっとだけ気になる毛穴の開きくわい。

 

毛穴の原因となるのも、なんと乾燥!!

 

 

全体的にコラーゲンが減少するお年頃が、45歳以上の方ですよね^^
保湿も大事ですが、体の外側からもケアをしていかないと、
肌って、やっぱり元気がなくなるんです。

 

スキンケアは、日々の積み重ねですがそれをカバーしていくのがメイク。

 

 

ナチュラルメイクにするにも、一応いろいろ頑張るわけです。

 

朝のメイクの時間もちょっとだけ短縮できて、ファンデーションも薄付きにできる、
最強のアイテムが、化粧下地なんですよね。

 

 

簡単なテクで、
つるんとキレイにファンデーションが薄付きになりましたよ^^

 

 

 

化粧下地だけで、つるんつるん肌に変身させましょう。

化粧下地の優れものを使うと、ファンデーションを選びません。

 

 

ファンデーションも今や毛穴もカバーして・・・とかありますが、
実際毛穴や凸凹って、なかなかカバーできないなーって思ったんですよね。

 

ファンデーションの前に、必ず化粧下地って塗りますよね?
塗らない方、塗ったほうが密着力がアップしますよ^^

 

これだけで、全然肌が違ってきます。
しかも、UV効果の高いものなどを使うと、紫外線もカットされますよ^^

 

私のやっている方法をちょっとご紹介しますね。

 

 化粧下地とコントロールカラーを混ぜて塗る。

 

例えば、私が使っている化粧下地は、毛穴をカバーできるものなんですが、
これと、コントロールカラーを手の平で混ぜます。

 

こうすることで、コントロールカラーで発色(肌をきれいに見せますよ^^)
化粧下地で、毛穴や凸凹をカバーしていきます。

 

ついでに、ほうれい線なんかもなんとこの方法で消えちゃうわけですねー。

 

コントロールカラーのオレンジ系のものがあったら、
これで目の下のクマの部分をちょいちょいっと、タッピングしていきます。
※コンシーラーでもいいですよ^^

 

 

目の下のクマの部分は、ファンデーションでもなかなか隠れないので、
コントロールカラーやコンシーラーを使うのがやっぱりベストですね^^

 

 

 

塗り方に関しては、以前記事でもまとめてありますので、
参考に読んでみて下さいね。
⇒ 目元のクマ・シミを隠すコンシーラーとハイライターを上手に使う。

 

 

ベースが整ったら、ファンデーションを塗るんですが、
もう素肌のつるつるが出来上がっているので、リキッドファンデならば、
いつもより半分で、パウダーファンデならば薄ーくブラシで塗ってみて。

 

 

これだけで、スンバらしくキレイなナチュラルメイクが出来上がります^^
本当ですよ^^

 

コントロールカラーなしの方は、化粧下地とファンデーション(美容液やリキッド系)のものを、
同じ要領で混ぜてから、肌につけるのもありだと思います。

 

ちょっとだけの時短ですが、本当につるつるになります。

 

 

ファンデーションを付けないで、お休みモードの日にちょっと近所にお買い物、
っていう時でも、この方法を使うと、最後の仕上げパウダーだけでOK!!です。
 

私は最近いつもこの方法と、ベースファンデーションのみです。

 

化粧下地を変えるだけでも、全然肌が違ってきますよ^^
参考にしてくださいね。

 

 

私が使っているおすすめ化粧下地
 
 
気になるシワや肌の凸凹も一瞬でカバーしてくれます。
魔法の化粧下地なんですね^^
 
人気も上々ですよ^^
 
詳細はこちらから⇒ シルキーカバーオイルブロック
 

 
 
 
 

◆ランキングに参加しています。◆
本日の記事はお役に立ちましたか?

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村


あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ