東京金融取引所 目元のクマ・シミを隠すコンシーラーとハイライターを上手に使う。 | 大人のキレイメイクlabo │ミネラルファンデレビュー&情報ブログ

目元のクマ・シミを隠すコンシーラーとハイライターを上手に使う。

目元って、小じわだけでなくクマ・シミなど、
気になるところがたくさんありますね。

 

コンシーラー&ハイライターを上手に使うと、
いい感じに老け顔から脱出できるみたいですよ^^

 


 

目元のクマ・シミを隠すコンシーラーとハイライター目元って、年齢を重ねると痩せてくる人と、
逆に濃い影を作る方がいます。

 

 

目の下のクマやシミ、私はこれがちょっと
目立ってきています。
それがやっぱり気になりますね^^

 

クマやシミは、スキンケアやマッサージで改善出来ると思いますが、
即効性はないでしょう?

 

だったら、メイクのテクをつかってなかったことにするのも、
大人のキレイメイクの一つだと思うんですよね。

 

シミ隠しのコンシラーとハイライターを使って、
目元のお悩みをすっきり解決していきましょう。

 

 

 

コンシーラーもハイライターも塗り方ひとつでナチュラルに!

コンシーラーは、シミ・くすみなどを上手にカモフラージュさせてくれる、
お助けアイテムですよね。

 

ただ、選び方や塗り方がなかなか厄介なのかしら?
私もなんかコンシーラーって、塗ってます!感が満載になりそうな感じがして、
使ってはいなかったんですが、隠せるものなら隠したい部分は、
やっぱりたくさん出てくるものです。

 

ハイライターも同じで、年齢を重ねるとどうしても、
影が出やすくなるでしょう?
 
老けメイク・老け顔を脱出するには、この影を少なく・・・
出来れば、なくすことがなによりだそうですよ^^

 

ハイライターは、影を消すと同時に「影を飛ばす」という役割をしてくれるみたい。

 

コンシーラーもハイライターも上手に使えるように、
私も練習していこうと思います。

 

 

コンシーラー選び方のポイントと塗り方

コンシーラーを選ぶときのポイントとしては、
塗る場所にもよりますが基本
ファンデーションよりも明るめの色を選びましょう。

 

コンシーラも今やスティックタイプのモノから、パレットで色を混ぜるタイプのものなど、
いろいろあるので、ちょっと迷ってしまいますよね。

 

これ、塗り方のとも関係していると思います。

 

シミかくしには硬めのコンシーラーで。

 

点々としたシミ隠しには、硬めのコンシーラーで点々と塗っていくのがいいらしいです。

 

隠したい部分より大き目にぽつ・ぽつを置いていき、
指の先でなじませます。

 

これなら、ちょっとできそうね。

 

目の下クマ隠しはライン塗り

目の下のクマ部分は、コンシーラーをライン塗りするといいらしいです。

 

目元コンシーラー

 

上の写真のように(モデルさんはクマってないのねー・・・
クマのくぼみくらいのところに、塗り始めは目頭から塗ったほうがいいらしいです。

 

化粧下地で肌を整えてから、リキッドファンデなどの場合は、
ファンデーションを塗ってから、コンシーラーを塗って、
パウダーで仕上げです。

 

パウダーファンデーションの場合は、コンシーラーを付けてから、
ファンデーションを重ねます。
その時に、コンシーラ―を塗っている部分はなるべく薄めにファンデーションを
塗っていくことを忘れないで!!

 

なるべく自然に、「コンシーラーなんてしらないわ!!」って感じにしないと、
逆にコンシーラーの部分が目立ってしまうらしいです。

 

大人のメイクの鉄則、ファンデーションは薄ーくね。

 

コンシーラーやハイライターを味方につけて、
若見えメイクにチャレンジしていきましょう。

 

 私も今注目しているコンシーラーです。

 

ナチュラルグラッセ
コンシーラーキャメル

 
日本人の肌色に合わせた
カラー2色セット。水で落とせる
ミネラルコスメです。
24hコスメ コンシーラー
プロが使う実力派コンシーラー
24hコスメは、肌にも優しいですよ。

 

 
参考にしてくださいね。
 

目元は年齢が出やすい部分です。
コンシーラーで隠すテクも覚えたら・・・
老け顔に見える、目元のハリ・弾力を取り戻すケアも同時にしていきましょう。
 

スポットケアは、年齢サインが出ている目元には必要です。
コチラを参考にしてくださいね♪
⇒ 目もとの年齢線だけで+10歳に?ハリ復活できるアイクリーム!
 

 

 

◆ランキングに参加しています。◆
本日の記事はお役に立ちましたか?

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村


あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

コメントを残す

このページの先頭へ