東京金融取引所 レイチェルワインを使ってみました。しっとりナチュラルな仕上がり。 | 大人のキレイメイクlabo │ミネラルファンデレビュー&情報ブログ

レイチェルワインを使ってみました。しっとりナチュラルな仕上がり。

ミネラルファンデは、大人の肌にもいい感じになじみますね。
むしろ、若い方より大人向き?

 

レイチェルワイン ミネラルファンデを使ってみました。

 

 

 

 

レイチェルワインを使ってみました。

⇒ レイチェルワイン トライアルセット

 

レイチェルワインのトライアルセットです。購入しちゃいました。

 

っていうか、ミネラルファンデの違いってなかなか分からないので、
まずは、お試しセットから・・・・って感じです。

 

 

レイチェルワインのセットは、ファンデーションのカラーを2色選べるんですね。

 

 

ここがちょっと難しい・・・

 

 

今私の肌の色は、くすみが無くなっているので
あまり濃い感じの色では、余計老けれ見えそう・・・

 

 

 

レイチェルワインを使ってみました。

 

 

イエロー系の肌の方は、むしろピンクを選ぶといいらしいのですが、

うーん・・・と悩んで、一応中間色を選んでみました。(これ新色なのね・・・)

 

 

仕上がりはいかに・・・!!

 

 

レイチェルワイン しっとり化粧崩れなしですね。

レイチェルワインを使ってみました。
ソフトフィットブラシがついてくるのと、
パウダーファンデーション(お粉)なので、
小さいサンプルでは、取りづらい。

 

 

ので、お皿つきです。
こういう親切心がぐっときますね。

 

 

 

 

 

レイチェルワインを使ってみました。

ソフトフィットブラシ(カブキブラシ)なんですが、
以外に大きくてとっても柔らかい。

 

 

 

 

他のミネラルファンデにも、ブラシがついてきますが、一番ソフトかなーって思いました。

 

 

 

 

 

レイチェルワインを使ってみました。手の平にのせて、余るほど小さい。

ファンデーションのほかに、アクセントフェースパウダーも同じサイズでついてきますよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方は、簡単です。

 

トレー(お皿)に適量出して、ブラシでくるくるとなじませて
肌にのせるって感じです。

 

 

これは今までのミネラルファンデと同じなんですが・・・・・

 

 

レイチェルワイン使い方のポイントポイント!!

カバーしたい部分から先に、ポンポンとのせていきましょう。

のせた部分を、くるくるとブラシを動かして広げます。

 

 

 

こうすることで、薄付きになりますよ~。

ちょっと足りない?って感じたら、また重ねる・・・って感じですね。

 

 

あまりつけ過ぎると、マットな感じになります^^

 

 

で、つけ心地ですが・・・・

 

いいっ!!

 

 

気持ちいいのと、つけた後に手の平でいつものようにプッシュするんですが、
その時はもうしっとりしています。

 

 

えぇ~・・・不思議な感じ。。。

 

 

パウダーなのに、美容液ファンデみたいなツヤが出るのね!!

テカらない・崩れない!!っていうのは、本当かも?

 

 

何よりいいのは、化粧下地・UVクリームは要りません。
これだけで朝はOK!!

 

 

 

クレンジングもいらないので、洗顔石けんで落とせるっていうところも、
大人の肌にはもってこいです。

 

 

ここがミネラルファンデの良さですね。

 

 

塗っていても、軽い・肌が呼吸している・・・・
この感じを体感していても、より軽いような気がするのね。

 

 

それに、雑にパパっーと塗ってもキレイに見える!!
これ、一番理想でしょう?

 

 

 

時間をかけずに、キレイになる!!

 

一番のぞんでいたファンデーションかも?
ミネラルファンデーションデビューの方でも、敏感肌の方でも、
仕上がりがとってもツヤやかでキレイに見えますよ^^

 

 

体感したら、ハマるかもですよ^-^

 

↓  ↓  ↓

 

レイチェルワイン

 

大人の肌にも優しいファンデーションです。
 
50代で選ぶなら、ミネラルファンデがおススメです。
以前の記事でもまとめてありますので、参考に読んでみてくださいね。
⇒ 50代自分の肌を思うならミネラルファンデがいいですわ。

 

 

 

 

◆ランキングに参加しています。◆
本日の記事はお役に立ちましたか?

にほんブログ村 美容ブログ メイクアップへ
にほんブログ村


あなたのぽちっとで、元気100億万倍!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ